• RESERVATION
  • ACCESS&MAP
  • RECRUIT-求人情報-
  • Youtubeチャンネル
  • かつらwithバナー
  • カラオケトライアルIII
  • MIURA
  • カラオケチャンネル

HOME > STAFF BLOG -スタッフブログ- > アーカイブ > 兼子のつぶやき: 2017年9月

STAFF BLOG -スタッフブログ- 兼子のつぶやき: 2017年9月

少数派は変わり者?  by兼子

昨日
ユーチューブでとても面白い動画を見つけ
誰に言ってもわかってもらえないので
帰って 家族に言いました

それは何かと言いますと
兼子家では有名人 ヨーロッパでは知らない人はいない
サガンさんが 自転車のすごいのり方をしている動画を発見
(下の写真の方がサガンさんです)
aaa.jpg

息子たちは
「やっぱ サガンくらいになると バランス感覚も半端ないね!!」とそこそこ盛り上がってくれたので
兼子的には満足でした
(マウンテンバイクやトライアルバイクでやるような凄い乗り方をロードレーサーでやっているのがビックリ!)

サガンと言えば
今年のツールでカベンディッシュにゴールスプリント中に肘鉄を食らわせ失格となり
ツールを走れなかった「大事件の張本人」話題の人ですが ・・・・。店では誰も盛り上がってくれないのです・・・。

でも

ふと思うのです

「湯シャン」「石けんシャンプー」「軟水美容室」「ヘナとインディゴそしてハーブで染める」
これらすべてとても理にかなっていて、腑に落ちる事なのですが・・・。
とても少数派
(最近は賛同者も増えましたが)

「サガン」と同じくらい(サガンとくらべる物か???
石けん 軟水 ヘナは凄いものだけど
日本では サガンと同じくらいマイノリティー

いつか 胸を張って「俺は湯シャンだぜ!」と言える時代が来るのでしょうか???

少なくとも hair geneでは「せっけん」「軟水」「ヘナ」「湯シャン」では盛り上がれると思います!
(マジョリティーになれる!!)

兼子はなぜか少数派になる物(事)が意外と多く・・・
例を挙げると
20年以上通勤は走っているとか 
その通勤には自分で作った走れるサンダル「ワラーチ」で走っているとか
子供が4人いるとか
家族旅行でホテルに泊まったことがなくすべてテント泊とか 
車が「ムルティプラ」などなど

なぜか 少数派になることが多いような気がするのですが
これって 被害妄想ですかね??  別に 少数派でもいいんですけどね!!

abc.jpgフィアットムルティプラ


少数派の方 hair geneへのご来店お待ちしています

もちろん多数派の方々も大歓迎です!!



実習生が来るたびに・・・。  by兼子


以前もhair geneで実習をしてくれた「丸」さんがまた実習先にhair geneを選んでくれました。
兼子との年の差は数えられないくらい離れていて、丸さんは兼子家の長女より年下!!!

DSC_9392.jpgのサムネイル画像

「いろいろ勉強させてください!!」と丸さんに言われましたが
それはこっちのセリフですよ・・・・。

兼子は丸さんの力になれるのか・・・。いや  なれるように頑張らねば!!と思うのです。

自分も20歳くらいのつもりで丸さんとあまり変わらないつもりでいるのですが(いい加減にしろ!!) 
すでに50歳をこえている自分にビックリ!!
でも・・・・  兼子の精神レベルは12歳なんですけど

言い訳しないで 丸さんの力の足しに少しでもなれるよう頑張ります

自分にしっかりやれよ!と言い聞かせるためのブログですね・・・。これは

インドのヘナと インドの文化!by兼子


「インドの事はお任せ!」みたいな
偉そうな題名ですが
実は兼子はヒンズー教の事何も知りませんでした

ラクシュミーがヘナの女神様というのは師匠からよく聞いていたので知っていましたが
そのほかの事はまったく知らなかったのでインドから帰ってきて
ちょっと調べたらビックリの連続!

ヒンズー教に詳しい方は(ヒンズー教の方は)「そんなのあたりまえ!!今さらそんなこと!!」と思うでしょうが、ぼくの驚きを
伝えたいので聞いてください!!

ヒンズー教には破壊と再生の神「シバ」世界の維持神「ビシュヌ」世界の創造神「ブラフマー」という3大神がいます
ヘナの神様ラクシュミーの旦那様が三大神の一人「ビシュヌ神」なのです

たぶん 下の写真はビシュヌ様と思いますが・・・・ (間違っていたらご指摘宜しくお願いします)

IMG_8960.jpg

ビックリするのが ビシュヌ様の万能っぷり!!

色々な物に化身します。
化身とは、あちらの言葉で「アバターラ」、あの映画「アバター」の語源です

ビシュヌ様はなんにでもなれちゃうから「チョ~モテモテイケメン君」になったり「巨大な亀」になり大地をささえたり
「魚に」なって洪水から人々を救ったり(ノアの箱舟伝説・・?)

そして
なんと!!!ヒンズー教でお釈迦さまはビシュヌ様が化身した姿なのです!!
てことは 仏教はヒンズー教の一部であるということになります

キリストや他の宗教の祖も「ビシュヌの化身」と言うことなのでしょう・・・。

これで、インドに行ったとき「KEO社」の社長のサニーさんが教会だろうが仏教寺院だろうが
イスラムのモスクだろうが拝みまくっていた訳が分かった様な気がしました。
(日本でも寺や神社を見ると片っ端から行きたがって大変!と師匠が言ってました)

ヒンズー教はバラモンや仏教と密接なのは知っていましたが
それ以外にもインド各地の昔からその土地で崇拝されていた神々も取り込むために
なんでもありで、なんでも取り込んでしまう宗教になったのではないでしょうか?

これで
先日行ったインドの「混沌」「何でもあり」「カオス」な状態の理由が少しわかった気がします

インダス川そしてインダス文明恐るべし!!!

「シバ神」やその奥様達など ヒンズー教の神様たちは突っ込みどころ満載で
「なんでやねん!!」と突っ込みまくって資料を読んでいます

これが 懐の深さと言うやつなんですかね・・・。些細なことは気にしない的な・・・・。



韓国のイケメンにしてくれるといったのに!!!! by兼子

先日
中山さんに
「髪の毛切って!」と頼んだところ

「韓国のイケメンスターにしますね!!!」(彼女は韓国のブラックピンクと言うアイドルにはまっている)と 快く髪の毛を切ってくれました

この髪型
そういわれればこんな感じ!!いるいる韓国の東方神起(おやじだからあまり知らない)とかに・・・。と言えなくもないですが

じじいの兼子がやると どう見ても「昭和のお坊ちゃま」!!!!
DSC_9372.jpg

そして
中山のブログを見たら・・・・・・・・・・・。

韓国ポップスターでもなく、昭和のお坊ちゃまでもなく  なんと!!! 「明治のお坊ちゃま」と書いているではありませんか!!!

中山おそるべし!!!どおりで・・・・笑いこけてたわけだ!!GENEjapanの中山ブログはこちら→ポチ

僕は「藤田嗣治」さんのようで気に入っています。黒縁眼鏡かけなきゃ!!

甘酒作り   by兼子

兼子はたまに甘酒を作ります
すぐ近くに生活クラブデポーと言うところがあるので
米麹がいつでも手に入るのからと言うのもあると思います。

米麹と米との分量はいつも一緒
発酵温度も一緒
米の種類と水の分量はいつも変えてベストな状態を探してます。


うるち米はもちろんのこと もち米 そのうるち米ともち米の玄米
米も色々なもので甘酒作りますが
今回は「もち麦」で作ってみました
水を多めにし作りました

いつも下の写真の「シャトルシェフ」で作ります
温度を保つのがとても楽です
170921_085703.jpg

もち麦の甘酒 味はちょっとナトリウムのような味が混ざっているような・・・。(少量塩を入れた牡丹餅のような甘さ)

これからしばらくは甘酒生活です

米3合 米麹700g やわらかいおかゆのように麦を炊き 60度になるように調節しながら米麹を入れかき混ぜたら
シャトルシェフにあとはお任せ9時間いや・・10時間くらい置いたかな・・・?

おいしいもち麦の甘酒の出来上がり!!

子育てブログからの・・・・・! by兼子

こんにちは
今日ご来店頂いたお客様が兼子のブログを読んでくれていて
「お子様たちが小さかった時の写真 いいですね!!」と言ってくれたので
「今でも趣味子供を育てる事ですが 
10数年前はとにかく子育てが楽しすぎて店のブログも」「父ちゃんの子育てブログ」的なブログを書いていて、
子育て仲間のお客さまでいらして頂けたら子育てトークに花が咲いてそれは楽しい店になるのでは・・・。
と思っていた話などお話して盛り上がりました

その後 話は変わり
昨日兼子が自分の親とデートをした話から、日増しに老いていく両親の話と、介護の話になり
そのお客様も僕と同世代なので とにかく共感しあいながら面白おかしく「介護話」をお話しできました。

そしてふと思ったのです・・・。

数年前まで兼子のブログは「子育て日記」的なタイトルのブログでした が・・・。

これからは「介護日記」的なタイトルのブログがしっくりくるのか・・・・・?
そして同世代の方と話が盛り上がるのか・・・・・

考えさせられる今日一日でした

下の写真の子供は
写真を撮ったこの日「ぼくはいぬだ!」と宣言をし 保育園まで手にも靴を履き、四つん這いで行ったつわもの!
こんな奴が
291096010_81.jpgのサムネイル画像

下の写真の一番右端の黒い服を着たかっこいい高校1年の男 
になっているのです

背の高さは僕をこえました!!!

IMG_9041.jpgのサムネイル画像

そして下の写真は
インドでできた僕の友達
まだ6歳ですがとても人懐こくて 頭の良い子です

インドでは貧富の差が想像を絶するほど激しく

これくらいの子供たちがつらい目に合っていることがとても多いのです
そして
インドに一緒に行ってくれた
僕のヘナの師匠がヘナやインディゴの仕事をしている理由の一つは
インドの貧困のあまりのひどさを実際見て
「何か力になれない物か」と思ったのがきっかけの一つだそうです



DSC_5331.jpgのサムネイル画像

僕は
師匠と一緒にインドを旅して
色々な話を毎日聞くことができ

師匠の その考えにとても共感をしました

ヘナやインディゴを広めることが貧困の撲滅に一役買っているというのが
ヘナの仕事をより一層頑張ろうと思う僕の原動力となっています

上の写真の彼も兼子家の子供たち同様 
すぐに大きくなってしまうのでしょうね

どんなイケメンになるのか楽しみ!!!

栗の渋皮煮に挑戦!! by兼子

先日 長谷川さんの家の広大な裏山でとれた栗を大量に頂きました

とてもいい栗を あまりにも大量に頂いたので
まずは 虫がわかないように水につけました。

そこから取り出した栗を「煮たり」「焼いたり」二日ほど楽しみ

「こんなことではこの栗の量は消費しきれない!」と思い
(とてもいい栗だったのでダメにするのはもったいない)
うちの奥様の夢の「栗の渋皮煮」に挑戦!!

いつもは この手のイレギュラーな料理は(普段やらない料理)は 僕の担当なことが多いのですが
な!なんと うちの奥様が栗剥き機を買ってきて すべてやってくれました

重曹を入れてのあく抜きは 「あく」の色なのか「渋」の色なのかわかりませんが
この煮汁で布を染めたらいい色に染めあがるのでは??と思う良い色の煮汁が!!
「あく」抜きを重曹入れって2回ほど行い(渋皮の筋などをとる作業のして) 重曹抜きを 2回ほど行い
砂糖を入れて煮詰めて出来上がり

あまり美しくはありませんが
なかなかおいしい 「渋皮煮」が出来ました!!(ちょっと煮崩れてしまいましたがそれは おいしいからいいということで)
IMG_9066.jpg

やはり おいしいものは 手間暇かかるんですよね!!

簡単になんでもできて手に入るのも なぜなのかを考えると 色々考えてしまいます。

ヘナや せっけんなどにも通じるものを感じます

僕は早く冷蔵庫に眠っている 米麹を使って甘酒を作らねば!!!

今回は 何で甘酒を作ろうかな?????

あ!そうそう
今回の渋皮煮かなり作ったのですが まだ栗残っているので 
今日 家に帰ったら何かおいしいものになっていないかな~~と期待していたりするのですが・・・・。


文化の違う人たち  by兼子

5月に行ったインド

今改めて思うのは
文化の違いってすごいな!ということ
例えば たとえ露店の店でも日本だとお店の人が寝てたりしないですよね
インドだと暑いからいいんです

DSC06868.jpg

でも どこか憎めない人懐っこさ  なんだかフレンドリーなのです

なんだかよく分からないけど
僕に一生懸命この二人何かを訴えてましたが よくわかりませんでした
でも
とても良い雰囲気に感じましたが・・・。
実は
「金よこせ!」 「もっと出せ!」とか言ってたんでしょうか??

DSC06870.jpg

ヘナの親分「サンさん」
優しくて
色々もてなしてくれるもんだから
こっちも 嬉しくなっちゃって
出されたものは 片っ端から食べる 食べる!!!

下の写真の兼子がほおばっているのは
テーブルの上に置いてある「饅頭」のようなもの

これは何かというと(名前はわからない)
「サーターアンダギー」のようなものを濃い砂糖水につけたもの
甘いなんてもんじゃない!!
「うまいから食え!」なんて 向こうに座っている親分(サンさん)に言われたら食べるしかない!!

実際
美味しいかというと・・・。
とにかく「甘い」

他も色々出してもらったけど
日本では食べたことがないものばかり(揚げ物が多い気がしました)

DSC06841.jpg

食の違いや リアクションの違い 文化の違いってすごいと思いました

あ!

そういえば 「良いよ!」というリアクション
日本だと首を縦に振ってうなづくが正解ですが

インドだと首を横に振るから日本だと「だめ!」とか「いや!」みたいなリアクション
この違いはなぜなんでしょうかね??

ここまで正反対なリアクションも珍しいですよね・・・?ほかにもいろいろあるんでしょうね

渚のマーメイドになるために!!!  by兼子

最近 冬眠に向かうクマのように 体重がみるみる増えてきて
「まずい!!」と思い

夜、大量のお菓子を食べるのやめました

そしたら 2週間ちょいで2キロの減量
どんだけお菓子夜に食べてたんだ!!と思い知らされました

そして 減量してどこに向かっているかと言うと
渚のマーメードになろうと思っています

下の写真は 兼子が海に潜って泳いでいる写真ですが
マーメードと言うよりは 完全にアマさんですよね(男だとアマと言わないのでしょうか?)
P6091194.jpg

20代のころは千葉の館山によく行き 地元に漁師の方の船に乗せてもらい潜って手伝いをしたものです
(こっちは手伝いと思ってますが あちらとしては これっぽっちも役に立ってないと思っていたとは思いますが・・。)

でも 結構潜れたので「美容師やってないでサザエとった方がもうかるから館山来い!!」とよく誘っていただいたものです
今考えると
館山行ってサザエとアワビとって生活するのも楽しそうですよね(漁師さんに「そんなに甘くない」と怒られそうですね)

兼子が海の上に上がり
あまりにもへっぴり写真撮られていたのを発見したので それも載せたいと思います

P6091214.jpg

自分では「チョ~カッコイイ」スタイルを思い描きながらパドルを漕いでいるのですが

へっぴり腰で笑えます!!!

こんな感じに 紫外線の強いところに行くときは ヘナで髪の毛を染めておくと
紫外線などのダメージからヘナが髪を守ってもらえますよ


キャンプに行かなくても・・・。 by 兼子 

毎年家族旅行は3年前までは北海道に車にテントを積んで行ってましたが

3年前からは 時間が取れず行けなくなり(車で関東から行くとなると1週間は必要)
せめて 廻り目平キャンプ場に行き 焚火をし テントを張り 山に登ろう!と 家族で廻り目には行っていましたが
今年はそれにも行けず
せめて 日帰りで行こう! と行きましたが 妻と娘の二人は仕事で行けず
僕と 大学1年の男 高校1年の男 中2の女で行きました
(詳しくは先日ブログ書きましたのでこちらをご覧ください)

廻り目平は 火を使うのがOKなので行くといつもキャンプファイヤー状態です(火を燃やすだけで一大イベントの安上がりんな家族)

かまどの作り方や薪のくべ方など なかなかなものと自負しております

キャンプの朝なんかは
「フレンチトースト焼けたよ!みんなおきて!!」なんて起こしたりしちゃいます

薪のくべ方と鉄板フレンチトーストを自慢します!!!
IMG_8856.jpg
この均一な火!!

この上に鉄板をのせて焼きます

IMG_8855.jpg

これを焼いた後は 目玉焼きと カリカリベーコンでモーニングの出来上がり!!

腹ごしらえした後は
近くの川で何秒冷たい川の水に入ってられるか 根性比べ!!

こんな岩をよじ登って飛び込んだり
IMG_8842.jpg

上の写真の岩は 長女が昔登って「たそがれていた」この岩です(下の写真)

552726662_24.jpgのサムネイル画像

IMG_8843.jpg

どこからでも飛び込む兼子!!!

今は 子供は「勝手のどうぞ!!」てな感じで 一緒に飛び込んでくれません(去年の写真ですが 腹がヤバい!!ダイエットしなきゃ!!)

これからの季節は 川遊びは寒くてできませんが

紅葉がきれいで 焚火の暖かさが身に染みるキャンプになります

廻り目平 秋もおすすめですよ!

ただし 標高が高いので 10月後半には雪が降る可能性がありますのでご注意を!

キャンプや 旅行に行けなかったモヤモヤを ブログにぶつけてみました
ここまでお付き合いいただいた方 ありがとうございました

おかげで ちょっと スッキリしました



12

« 兼子のつぶやき: 2017年8月 | メインページ | アーカイブ | 兼子のつぶやき: 2017年10月 »

PAGE TOP