• RESERVATION
  • ACCESS&MAP
  • RECRUIT-求人情報-
  • Youtubeチャンネル
  • かつらwithバナー
  • カラオケトライアルIII
  • MIURA
  • カラオケチャンネル

HOME > STAFF BLOG -スタッフブログ- > 兼子のつぶやき > hair geneの石けん自慢 by兼子

STAFF BLOG -スタッフブログ-

< hair geneのせっけん  by兼子  |  一覧へ戻る  |  前回の石けん話のその先へ! by兼子 >

hair geneの石けん自慢 by兼子

前回
石けんは脂肪酸でできていて
肌の保湿成分が脂肪酸であるために石けんがとても肌に優しく体を洗うのに理想的だと言うことを書きましたが

今回はもう少し踏み込んだ内容を書きたいと思います。

まず
油の話から

油は大きく分けると「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」の物に分かれます
この違いは簡単に言うと
飽和脂肪酸は常温で固形の物(牛脂や蜜蝋など。比較的安定しているので酸化しずらい)
不飽和脂肪酸は常温で液体の物(椿油 オリーブオイルなど。飽和脂肪酸より酸化しやすい)

代表的な脂肪酸の特長を見てみましょう

まず
飽和脂肪酸から
ラウリン酸
ココナッツ油、パーム核油に多く含まれ、硬い石けんになります
冷水に溶けやすく、対硬水性・気泡力が高いので、昔から多くの石けんにココナッツ油が用いられてきました。
しかし、ラウリン酸が多く含まれる石けんは肌を乾燥させると言われます。
ミリスティン酸
ココナッツ油、パーム核油に多く含まれます。冷水にも溶けやすく、洗浄力もあり、ラウリン酸同様良質な泡を立てることができます。
パルミチン酸
ミツロウ、パーム油、ラード、牛脂に多く含まれます。融点が63.1度と高いため、硬くて冷水には溶けずらい石けんになります
ステアリン酸
牛脂、カカオバター、シアバターなどに多く含まれます。融点が69.6度と高く、冷水には溶けず、溶けないと洗浄力も発揮できません。
またせっけんカス(金属石けん)も多く発生します。
石けんに使うと、少量なら皮膚の乾燥を防ぎますが、多いと突っ張った感じになりやすいです。

続いて
不飽和脂肪酸
パルミトレイン酸
マカデミアナッツ油に多く含まれます。冷水にも溶けやすく、泡立ちも良いので良質の石けんができます。
また、パルミトレイン酸は皮脂に多く含まれている成分なので化粧品用成分としても注目されています。
オレイン酸
オリーブ油、ツバキ油、ひまわり油などに多く含まれます。
冷水にも溶けやすく、洗浄力も良く肌への刺激も少ない石けんになります。
不飽和脂肪酸ですがリノール酸やリノレン酸よりは安定しているため、多くの石けんの主成分として使われることが多いです
ただし、酸化したオレイン酸は毛穴(ぼつぼつ)の原因と言われていますので、使い方注意です。
リノール酸
グレープシード油、大豆油、コーン油、米ぬか油に多く含まれます。必須脂肪酸で、動物の発育上重要な脂肪酸です
石けんに用いたときも冷水に溶けやすく良好な泡立ちですが、柔らかく溶け崩れやすく酸化しやすく変質が早いです
リノレン酸
ローズヒップ油、ククイナッツ油、くるみ油に多く含まれます。リノール酸同様、必須脂肪酸です。
リノール酸以上に酸化されやすく、溶けやすいものになります
リシノール酸
ひまし油に含まれ石けんにすると、硬いけど冷水に溶けやすく、保湿力の高い石けんになります。
鎮痛剤や抗炎症剤の効果があり薬としても用いられる。

上記のような脂肪酸の特長があるのですが

ホームページ画像 071.JPG

hair geneの3つのオリジナル石けんは、どんな油から作られていて
どのような効果を狙って作られているのでしょうか?

一番初めに作った
GENE SOZAIナチュラルソープ
使われている油は
オリーブ油、ラード、パーム核油、ひまし油、マカデミアナッツ油
添加剤としてホホバオイル

そして
GENE SOZAIムジソープ
大豆油、菜種油、パーム油

最後に
GENE SOZAIソザイセッケン
パーム油、パーム核油

今日はこの辺で、続きは次回ということで

そして次回までの宿題を出したいと思います!!

この3つの石けんの使われている油と、上記の油の説明を元に
これらの石けんの狙いと特長を述べよ・・・。なんて・・

この答え合わせは次回ということで!!
次回はhair geneの石けんが
どのようなコンセプト、どんな狙いで作られたのか説明していきたいと思います

あ!  ちなみに GENE SOZAIナチュラルソープだけ作り方は「コールドプロセスです」
後の二つは「ケンカ法」です
(宿題のヒントの一つとして・・。)


カテゴリ:

< hair geneのせっけん  by兼子  |  一覧へ戻る  |  前回の石けん話のその先へ! by兼子 >

同じカテゴリの記事

直接インドに行ってヘナを輸入する理由  by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です


以前は(10年位前まで)hair geneも日本で売ってるヘナを材料屋さんから仕入れて使っていました。

しかし、何度となく天然と言っていながら違うことがあったりして
ヘナをやめようと思ったこともありました。

そこで
自分の目で産地に出向きなぜこんなことが良くおきるのかを確かめ

「納得したものを使おう」と心に決め、インドに行くことになったというわけです。

020824_163249.JPG

インドに行って
ソジャットやチェンナイに行き

生産者の方に会い
ヘナを育てている方や、製品にしている方々の顔の見える製品を使いたいと改めて強く思ったのです。

だから
問屋さんから買った方が面倒ではなく楽に手に入るものを

インドから買い付けたものを使っているのです。

自分でヘナを使っている方も是非hair geneが使っている
「Lien」(リアン)素材シリーズのヘナを使ってみてください

これが本物のヘナとインディゴです!

購入をお考えの方のためにリンクを張っておきます

業者の方や美容院の方、仲間で大量購入を考えている方はこちらをご覧ください

ソジャットのヘナ市場での動画もFacebookにアップしていますのでリンクを張っておきますのでご覧ください






今年のインディゴの出来は???  by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です




新しいインディゴがインドからやってきたので早速テスト

それと同時に
最近よく聞かれる
「インディゴ」のペーストを作り(インディゴの粉を水で溶き)
それを作り置くことは可能か?と言う質問にお答えします

まず初めに
今回のインディゴの出来は
例年通りです。

特別よくもなく
悪くもなく
ホントにいつも通りです・・・・てことは良いということともいえる!!


そしてもう一つ
インディゴの作り置きに関しては
インディゴペーストを作って
2時間が限度

それ以降は明らかに染まりが悪くなります。
インディゴは(ハーバルブラウンやハーバルマホガニーなどのインディゴが混ざっているものも同様です)
作ってから2時間以内に使いましょう!!


DSC_1779s.jpg

それから

昨日
ヘナの師匠から
毎年いただく「夕張メロン」が届きました!!

DSC_1771s.jpg


男はバカなので(兼子は)

おバカポーズお許しください


DSC_1776s.JPG


毎年やってるので
ポーズ決めずにはいられないのです。

いつも変わらぬクオリティーのlienのヘナやインディゴはこちらのネットからも買うことができます









ヘナとせっけん   by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です



昨年インドに行きhair geneのヘナとインディゴの元を確かめてきて
はや1年以上が経ちました。

インドに行って改めて確認できたのは
自分たちで納得のいくものを直接仕入れているのでとてもいい製品だということ。

そして
この素晴らしいヘナやインディゴをみんなに使ってもらいたい!!と言うことで
卸も行っています

「Lien」(リアン)というブランドです。
数がまとまれば
かなりお安くお分けできます。

仕事で使う方はもちろんのこと、お友達を集めて共同で購入されるのもありだと思います

doubutsu.jpg

興味のある方は
Lienホームページをご覧ください

一度に何キロも買わずに
個人で使う方は
hair geneのネットショップをご利用ください

商品紹介ページ











hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です



兼子は先日  ヘナの師匠のところに(小樽)勉強に行ってきました!!

なんと 旅行客は中々立ち寄らないであろう 「小樽築港」と言う駅で降りて待ち合わせ!!

DSC_0059.JPG


ヘナやインディゴの事はもちろん。 
インドの方との付き合い方や考え方など
多岐にわたり勉強になることばかりでした。

2010年にサニーさんが日本に来た時、紹介してくれたのも師匠「小林さん」でした!!

無題.jpg



ついでに「余市」のニッカウヰスキーの工場の見学もしてきました。
余市に醸造所をこの規模で作った「まっさん」はすごい!!本場スコットランドに行ったからこそ
これができたのでしょうね   


DSC_0063.JPG

DSC_0070.JPG
 

 hair geneもインドから、どこにも負けない良い品質のヘナを輸入して
日本のヘナファンをもっと増やしていきたいと思います。



それにしても
兼子の髪があまりにものびっぱなしだったため、師匠の経営する美容室で、奥様にカットしてもらいました。
らせん階段や、半地下のある素敵な美容室です。

休みなのに奥様には仕事をさせてしまいました・・・・。

DSC_0081.JPG


兼子の髪形は今  北海道 小樽カットです!!


是非hair geneに来て兼子の小樽ヘアを見てください!!

小樽ヘアはここではお見せしません!!!!













 


ヘナのふるさとインドの人には・・・。  by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 6月の連休は12日(火)13日(水)と19日(火)20(水)です


昨年インド ヘナの旅から早1年

そういえばインドの人達はみんなサンダルだったな~~~~。

僕も走れる手作りサンダル「ワラーチ」をもっていきました

インドでも「ワラーチ」大活躍でしたよ!

そして先日真田紐があまりにもボロボロで切れまくるようになってきたので
新しいものにリニューアルしました。

しかし
紐の結び方忘れて適当にやったらちょっと違うのですが・・・。
ま いいか・・・・。

DSC_1762.jpg
   

今度の真田紐は
こんな感じです

020824_19154822.jpg

インディゴ農家で働く方々は

サンダルすら履いてません

子供も裸足でした・・・・・。負けた・・・。と思いました

次回は裸足で!!と思いましたが
インドは牛のふんが・・・・。

やっぱりワラーチで行こう~っと!

PAGE TOP