• RESERVATION
  • ACCESS&MAP
  • RECRUIT-求人情報-
  • Youtubeチャンネル
  • かつらwithバナー
  • カラオケトライアルIII
  • MIURA
  • カラオケチャンネル

HOME > STAFF BLOG -スタッフブログ- > 兼子のつぶやき > インド紀行 2017ヘナの旅  by兼子

STAFF BLOG -スタッフブログ-

< 長谷川ブログ  ヘナでも無理な事 と 足の裏  |  一覧へ戻る  |  長谷川ブログ ヘナで髪が健康♪ と デメタン >

インド紀行 2017ヘナの旅  by兼子

インドにヘナやインディゴの勉強に行った兼子です

あれから早 2ヶ月
インドで見聞きした衝撃な事実の続きを書いていきたいと思います  が

今回は
インドと日本の文化の違い  と言うか
考え方の違いのような出来事の事を書きたいと思います(インドのすべてがそうでしたが・・・その中でもと言うやつです。)

IMG_8947.JPG

インドの生活も一週間以上が経ち
徐々になじんて来た頃

デリーで一日仕事も何もないフリーな日がありました

今までは インドのヘナ工場「ケオ社」の社長のサニーさんと 兼子のヘナの師匠の「小林さん」が
兼子の横には常にいて
どこに行っても 何をしても 何も怖いこともなく すべてこの二人がやってくれる 
ある意味 「お大臣」のようなインドの旅をしていたのですが

この日は二人とも「ホテルで一日を過ごすから兼子はどこか行くなら一人で行動してね!」
と言われていたので

兼子はデリーで運転士を頼んでいる「ラビ」さんに
「明日個人的にタージマハルに行きたいから僕だけ車で連れて行って!」と頼むと
「いいよ!朝6時ホテルの前集合ね!」と言う感じでその日は解散

翌日
6時にホテル前に行くと
「ラビさん」登場
そこでラビさんは
「俺 タージマハルのあるアーグラはいったことないから 代わりにそっちに詳しい運転士に代わるね!」と言われ
その方と二人か・・・ 知らない人だと気まずいな  と思っていると

な なんと!!   車に ラビさん家族が乗っているではありませんか!
奥様とは「初めまして」で
下の子のラグーちゃんとは何度か会っていて お菓子あげて仲良くなっているので「お菓子のおじちゃんだ!」的な感じですでに仲良し

お兄ちゃんのロニーちゃんとは初めて

皆  「タージマハル初めて行くからチョー楽しみ!」的なノリで
なぜか  いきなり家族旅行に!(要は 兼子の金で旅行ができる!と言うことですよね・・・。)
DSC_5277.JPG

ラビさん家族4人 と 
DSC_5354.JPG
運転士の彼(名前メモルの忘れて  忘れてしまいました   ごめんなさい)

そして

兼子の 計6人でタージマハルまで行きました
運転士の彼はタージマハル見学はしませんでした(運転手に徹してました)


デリーからタージマハルは
車で3~4時間
運転士の彼曰く
「高速がアーグラまで開通したから楽になった」と言うことでした
高速道路は
日本の高速のように 料金所があり 道もきれいで 畑とも荒野とも言えない平原をまっすぐの道が伸びています

しかし
4人乗りのバイクが走り 
時速100キロで走る車の窓につかまり100キロで引いてもらう自転車あり 
逆走してくるダンプあり
道で寸断された畑の農夫が高速道路を横切り(金網に穴が開いていて人が入れるようになっている)
あげくの果ては 料金所手前で4人乗りのバイクが止まったかと思うと
おもむろに 横のフェンスを4人でバイクを持ち上げ 乗り越えて 料金所を通らない始末

DSC_52711.jpg

高速道路は
広くてきれいでしょ?

タージマハルは インドの方も一度は行きたい場所の一つらしく
ラビさん一家はとても楽しそうでした

DSC_52791.jpgのサムネイル画像
僕もカメラマンになり ラビ家の幸せ時間をカメラにおさめました

僕も仲良しを「パシャリ」
DSC_52931.jpgのサムネイル画像
ラグーとはテレパシーで会話ができるレベルに達していました

DSC_53011.jpgのサムネイル画像
お年頃ロニーはあまり「はしゃぎ」ません

でも優しいお兄ちゃん

DSC_53171.jpg
タージマハルはお城ではなく 「墓」です
寺院など
インドでは靴は脱がなくてはいけないところが多く
外人の兼子は 入館料を地元の人たちの10倍くらいとられる代わりに
靴にするカバーを貸してもらえるので
はだしにならずに済みます。

ラビさんは裸足でしたが インドの太陽に焼かれたタージマハルの石の床はとても熱そうでした(外の日に当たるところです)

タージマハルを見終わると
お昼過ぎ

運転士さんの知り合いのレストランへ!!

DSC_53451.jpgのサムネイル画像
高級レストランらしく
子供たちも やや緊張気味
DSC_53431.jpgのサムネイル画像

ラビさん家族はベジタリアン
兼子はノンべジ   ラビさんの奥様にはノンベジの兼子は少し印象悪くなったようでした

しかし
帰りの車では

皆で歌うたいながらノリノリで
これなら運転士さんも居眠りする暇もない!
DSC_53531.jpgのサムネイル画像

DSC_53591.jpg

後ろの座席で 年頃の兄ちゃんは熟睡中!  お年頃の男子は どこの国も同じなのですね

兼子家の車での旅行も 家族みんなで ノリノリで歌うたいながらなので
家族が恋しくなり
少しホームシック・・・。

こうして
兼子一人のインドは無事終了するのでした

この日は 一言も日本語を話しませんでしたが

なんとなく 通じ合えたのが不思議

ほんとは 兼子 英語できるのでしょうか・・・・?

それとも
全く違うこと言われていたのに  勘違いで わかったつもりなだけだったのでしょうか?

謎です

今回は
一言も 「ヘナ」「インディゴ」が出てきませんでしたが  こういう日もあるということで

次回はインド総集編です


カテゴリ:

< 長谷川ブログ  ヘナでも無理な事 と 足の裏  |  一覧へ戻る  |  長谷川ブログ ヘナで髪が健康♪ と デメタン >

同じカテゴリの記事

直接インドに行ってヘナを輸入する理由  by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です


以前は(10年位前まで)hair geneも日本で売ってるヘナを材料屋さんから仕入れて使っていました。

しかし、何度となく天然と言っていながら違うことがあったりして
ヘナをやめようと思ったこともありました。

そこで
自分の目で産地に出向きなぜこんなことが良くおきるのかを確かめ

「納得したものを使おう」と心に決め、インドに行くことになったというわけです。

020824_163249.JPG

インドに行って
ソジャットやチェンナイに行き

生産者の方に会い
ヘナを育てている方や、製品にしている方々の顔の見える製品を使いたいと改めて強く思ったのです。

だから
問屋さんから買った方が面倒ではなく楽に手に入るものを

インドから買い付けたものを使っているのです。

自分でヘナを使っている方も是非hair geneが使っている
「Lien」(リアン)素材シリーズのヘナを使ってみてください

これが本物のヘナとインディゴです!

購入をお考えの方のためにリンクを張っておきます

業者の方や美容院の方、仲間で大量購入を考えている方はこちらをご覧ください

ソジャットのヘナ市場での動画もFacebookにアップしていますのでリンクを張っておきますのでご覧ください






今年のインディゴの出来は???  by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です




新しいインディゴがインドからやってきたので早速テスト

それと同時に
最近よく聞かれる
「インディゴ」のペーストを作り(インディゴの粉を水で溶き)
それを作り置くことは可能か?と言う質問にお答えします

まず初めに
今回のインディゴの出来は
例年通りです。

特別よくもなく
悪くもなく
ホントにいつも通りです・・・・てことは良いということともいえる!!


そしてもう一つ
インディゴの作り置きに関しては
インディゴペーストを作って
2時間が限度

それ以降は明らかに染まりが悪くなります。
インディゴは(ハーバルブラウンやハーバルマホガニーなどのインディゴが混ざっているものも同様です)
作ってから2時間以内に使いましょう!!


DSC_1779s.jpg

それから

昨日
ヘナの師匠から
毎年いただく「夕張メロン」が届きました!!

DSC_1771s.jpg


男はバカなので(兼子は)

おバカポーズお許しください


DSC_1776s.JPG


毎年やってるので
ポーズ決めずにはいられないのです。

いつも変わらぬクオリティーのlienのヘナやインディゴはこちらのネットからも買うことができます









ヘナとせっけん   by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です



昨年インドに行きhair geneのヘナとインディゴの元を確かめてきて
はや1年以上が経ちました。

インドに行って改めて確認できたのは
自分たちで納得のいくものを直接仕入れているのでとてもいい製品だということ。

そして
この素晴らしいヘナやインディゴをみんなに使ってもらいたい!!と言うことで
卸も行っています

「Lien」(リアン)というブランドです。
数がまとまれば
かなりお安くお分けできます。

仕事で使う方はもちろんのこと、お友達を集めて共同で購入されるのもありだと思います

doubutsu.jpg

興味のある方は
Lienホームページをご覧ください

一度に何キロも買わずに
個人で使う方は
hair geneのネットショップをご利用ください

商品紹介ページ











hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 7月の連休は10日(火)11日(水)と17日(火)18(水)です



兼子は先日  ヘナの師匠のところに(小樽)勉強に行ってきました!!

なんと 旅行客は中々立ち寄らないであろう 「小樽築港」と言う駅で降りて待ち合わせ!!

DSC_0059.JPG


ヘナやインディゴの事はもちろん。 
インドの方との付き合い方や考え方など
多岐にわたり勉強になることばかりでした。

2010年にサニーさんが日本に来た時、紹介してくれたのも師匠「小林さん」でした!!

無題.jpg



ついでに「余市」のニッカウヰスキーの工場の見学もしてきました。
余市に醸造所をこの規模で作った「まっさん」はすごい!!本場スコットランドに行ったからこそ
これができたのでしょうね   


DSC_0063.JPG

DSC_0070.JPG
 

 hair geneもインドから、どこにも負けない良い品質のヘナを輸入して
日本のヘナファンをもっと増やしていきたいと思います。



それにしても
兼子の髪があまりにものびっぱなしだったため、師匠の経営する美容室で、奥様にカットしてもらいました。
らせん階段や、半地下のある素敵な美容室です。

休みなのに奥様には仕事をさせてしまいました・・・・。

DSC_0081.JPG


兼子の髪形は今  北海道 小樽カットです!!


是非hair geneに来て兼子の小樽ヘアを見てください!!

小樽ヘアはここではお見せしません!!!!













 


ヘナのふるさとインドの人には・・・。  by兼子



hair geneは第二第三の火曜水曜は連休になります。ご注意ください
 6月の連休は12日(火)13日(水)と19日(火)20(水)です


昨年インド ヘナの旅から早1年

そういえばインドの人達はみんなサンダルだったな~~~~。

僕も走れる手作りサンダル「ワラーチ」をもっていきました

インドでも「ワラーチ」大活躍でしたよ!

そして先日真田紐があまりにもボロボロで切れまくるようになってきたので
新しいものにリニューアルしました。

しかし
紐の結び方忘れて適当にやったらちょっと違うのですが・・・。
ま いいか・・・・。

DSC_1762.jpg
   

今度の真田紐は
こんな感じです

020824_19154822.jpg

インディゴ農家で働く方々は

サンダルすら履いてません

子供も裸足でした・・・・・。負けた・・・。と思いました

次回は裸足で!!と思いましたが
インドは牛のふんが・・・・。

やっぱりワラーチで行こう~っと!

PAGE TOP